栄養学をベースに健康を考える化学専門家のブログ
by n-act
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
more...
リンクHP
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第330回 ヴィックス社長来日!メロングリソディン新研究発表!!

c0127013_15402547.jpg

フランスより、ヴィックス社長来日!腐らない南仏メロンとして知られているメロングリソディンの本社社長です!
今回の目的は、フランス及びアメリカ等、世界各国で研究されたメロングリソディンの研究報告及び日本での発表です!世界だけでなく、我が日本でも画期的な研究成果を出しました。
日本では、弊社ニュートリションアクトとヨネプロの研究で、生きたマウスの実際の腸管免疫のパイエル板の動画撮影に成功!!それだけでなく、メロングリソディンを摂取した場合のパイエル板活性の動画撮影にも成功しました。データや理論では世界各国の研究者が発表していますが、それを裏付ける実際の画像ということで、今回、新聞やメディア等の取材も多数行われます。発表前なので詳しいことは書けませんが。。
c0127013_15524449.jpg

ちょっとだけお見せします!これは静止画がですが、実際は動画撮影に成功しています。これが腸管免疫の主役のパイエル板です。周りのひだは栄養素を吸収する繊毛です。
メロングリソディンは世界30ヶ国以上で使用され、有名な研究者が研究報告を発表しています。例えば、ノーベル医学生理学賞を受賞したフランスのリュック・モンタニエ氏もメロングリソディンの免疫に関する機能性を評価し、研究を行なったことでも有名です。日本でも今回の画像撮影及びメカニズム確認、パイエル板活性、それに伴う虚血再灌流などの研究を発表します。しかも動画画像での発表となります!!世界の研究者からも注目を浴び、とても画期的です!
最近は市場でメロングリソディンと比較した素材等が出ていますが、メロングリソディンは他の抗酸化物質とは、まったく違った作用機構で働くので、抗酸化物質としての比較はナンセンスです。もし比較してある物を見つけたら、それは専門家として基本的な作用機構を知らない素人さんか、メロングリソディンの研究成果にあやかって商売する偽物ですので注意してくださいね。笑。
c0127013_1610498.jpg

共同で弊社と研究をしたヨネプロさんと研究室での記念撮影写真です!
皆さん素晴らしい研究者ばかりです!!
よく学校の教科書に載っているカラダのミクロ写真やテレビで使われる細胞等の画像のほとんどは、このヨネプロさんが撮影しています!いわゆる細胞などのミクロの研究や撮影のプロ集団です!
これからそれぞれのメディアに随時発表していきますので、目にしたら、あっこれだって思いだしてください!
では、今週末からまたまた海外出張に行ってきます。。。。。
by n-act | 2011-10-12 16:32
<< 第331回 発展する東南アジア... 第329回 なぜ?空を飛ぶんだ... >>